3ttt(スリーティー)の買取はValley Worksへ|プロによる査定

3ttt(スリーティー)の主な買取商品

    3ttt(スリーティー)の最新買取実績

    最新の3ttt(スリーティー)の買取実積をご紹介しております。
    これまでお買取りさせて頂きました3ttt(スリーティー)の一部ですので、
    気になるもの、お持ちの3ttt(スリーティー)の買取価格につきましては、お気軽にお問合せ下さい。


    もっと見る

    優れたデザインと栄光3ttt

    3TTT(スリーティー)は、1961年Ambrosioの技術者であるMario Dedioniggiが、イタリアのトリノで創業したパーツメーカーです。
    由来はTechno、Tubo、Torino(テクノ・チューボ・トリノ)の略で、スリーティーと呼ばれています。

    創業時は、スチールからアルミへの転換期で、1975年、世界初の7075番のアルミでハンドルを製造し、当時の技術力で、たったの240gの製品を実現しています。
    1984年にはフランチェスコ・モゼールのために、初めてブルホーンバーを製造し、アワーレコードを樹立。
    カーボンが主流の現在でも、優れた機能性と美しいデザインを、どちらも手を抜かないものづくりの伝統は受け継がれており、パーツメーカーとして確固たる地位を築いています。
    ヴィンテージパーツでは、クイルステムのRECORDや、比較的最近のものになると、1999年にMUTANTステムが、ステムとしては初となるインターナショナル賞を受賞しており、高値で取引される傾向があります。

    密かにサドル(Techno Turbo Torino)、シートポスト(Record Lucido)も生産していたこともあり、また、スチール製パーツも創業期生産していましたが、流通量は少なく、お目にかかれることは極めて少ないでしょう。

    いつも妥協なく作り上げ、ロード、トラック、TTとレースで勝利を授けるために、気持ちを高めるためにデザインを。
    3Tは使う人に結果と気持ちを約束するために、今もなお探求しながら妥協なく作り続けています。

    無料査定依頼はこちら

    LINE査定はこちら

    無料査定フォーム

    ロードバイ知恵袋

    無料LINE査定

    メインメニュー

    買取強化メーカー

    PINARELLO(ピナレロ)

    BMC

    DE ROSA(デローザ)

    SPECIALIZED(スペシャライズド)

    TREK(トレック)

    メーカー一覧>>

    買取強化カテゴリ

    インフォメーション

    Twitter