KUOTA|クォータ|KHARMA SHIMANO 105|中古買取価格 90,000円 | ロードバイクの買取 Valley Works

KUOTA|クォータ|KHARMA SHIMANO 105|中古買取価格 90,000円 | ロードバイクの買取 Valley Works
掲載日:2013年7月27日
買取実績一覧へ

買取内容

~買取情報~
買取価格90,000円
全体的に大変キレイなお品となっておりました。

~相原(店長)の一言~*車体について~
KUOTAと言えば、近年ロード会に新規参入して成功を収めているメーカーでは無いでしょうか?
KUOTAの製品自体に大変カーボンの加工技術に優れた製品が多く、設計は自社で行い製品生産は台湾のMartec社が生産を行なっております。日本における代理店であるINTER MAXが日本で大々的に宣伝を行なっており、日本のプロロードチームの宇都宮BLITZENもチームバイクに採用しております。
元は、イタリアのコンポネートメーカーであるSintema社が母体を務めており、自転車に根深く関わりのあるものづくりを行なっておりますので、品質には非常に安心がおけるのでは無いでしょうか?
こちらの、KHARMAのフレームにとって言えば、全体的に薄くしなやかに形成されている印象が強く、ロングライドにもって来いのフレームとなっております。

最新の買取実績


もっと見る

無料査定依頼はこちら

“LINE査定はこちら“

blank

自転車を少しで高く売るには


Valley Worksでは、ロードバイクやクロスバイクなど、 毎日多くの自転車をお買取りさせて頂いております。
できる限り高価買取ができるよう努めておりますが、 「こうだったら少しでも高い買取金額を出せるのに」 という場面に出会うことが多々あります。
そこで少しでも自転車を高く売って頂くために、Valley Worksで自転車を少しで高く売る方法をご紹介致します。

カスタム車の場合は純正パーツも置いておく

ロードバイクは、ホイールやコンポーネントなどカスタムする箇所がたくさんございます。
乗る方によって、様々なカスタムをされておりますが、ご売却の際は、元々ついていた純正パーツも一緒にご査定頂けますと
少しでも高くお買取することが可能でございます。

また、最近はコンポーネントが電動(SHIMANO Di2など)と機械式の2種類あり、
フレームもメーカーやモデルによっては、専用のグロメットが必要になる場合もございます。
専用のグロメットが欠品していると買取金額に影響があることもございますので、 ご不明な場合は査定時にご確認をお願いします。

売却のタイミングを考える

ロードバイクは1年中乗ることができますが、やはり冬よりは春〜夏の方が、需要が高まります。
新車、中古車ともに、春〜夏にかけてが一番販売台数も増えますので、 お買取させて頂く場合も、
冬よりは高額で買取が可能です。 また、季節以外にも、モデルチェンジのタイミングも買取価格が大きく変動します。

また、ロードバイクは毎年新しいモデルが発売されますが、その直後だとやはり前モデルの買取価格は下がってしまいます。
クロスバイクやエントリーモデルの場合は、買取価格にそれほど大きな変動はない場合も多いので、
お持ちの自転車に合わせて、売却時期をご検討ください。

できるだけ屋内で保管する

ハイエンドクラスのロードバイクなどは、基本的に屋内で保管されていますが、
クロスバイクなどは屋外の駐輪場で保管されていることが多いです。

Valley Worksではお買取した後に洗車の工程を挟みますので、 多少の汚れなどは査定金額影響はございませんが、
パーツがサビている場合は買取金額が変動することがあります。 ボルトなど小さいパーツは特に影響しませんが、

チェーンやスプロケットなど大きなパーツがサビており、 交換が必要な場合は、やはり買取金額が安くなってしまいます。
商品状態などのご判断が難しいお客様もいらっしゃいますので、 査定時に現車の写真を添付して頂けますと、
より正確な買取金額をご提示可能です。

選べる買取方法

無料査定フォーム

ロードバイ知恵袋

無料LINE査定

メインメニュー

買取強化メーカー

PINARELLO(ピナレロ)

BMC

DE ROSA(デローザ)

SPECIALIZED(スペシャライズド)

TREK(トレック)

メーカー一覧>>

買取強化カテゴリ

インフォメーション