CHERUBIM(ケルビム)の買取はValley Worksへ|プロによる査定

CHERUBIM(ケルビム)の主な買取商品

    CHERUBIM(ケルビム)の最新買取実績

    最新のCHERUBIM(ケルビム)の買取実積をご紹介しております。
    これまでお買取りさせて頂きましたCHERUBIM(ケルビム)の一部ですので、
    気になるもの、お持ちのCHERUBIM(ケルビム)の買取価格につきましては、お気軽にお問合せ下さい。


    もっと見る

    進化するクロモリCHERUBIM

    1965年に今野仁氏が、今野製作所としてスタートしました。
    創業時は、今野3兄弟でフレームを製造していましたが、のちに他兄弟がCycloneシクロウネ(三連勝)、MIYUKI(ミユキ)と工房を開き、今野製作所はCHERUBIMブランドで名を馳せていきました。
    現在は、その子孫である今野真一氏が、創業当時から掲げている伝統と革新の融合を受け継いでいます。

    1968年メキシコオリンピックにて、日本人として唯一代表選手に選ばれ6位入賞、また日本新記録を樹立したのは、CHERUBIMを語るうえで外せない歴史の一つです。

    日本国内のハンドメイドバイシクルショウで、数多くの受賞歴を誇り、近年では北米のハンドメイドショウNAHBS インディアナポリス North American Hand made Bicycle Showに出展を続け、そこでも度々賞を受賞しており、その活動は、海外まで及んでいます。
    乗り物である自転車を、美術品レベルにまで追求し続け、世界的なブランドとして、CHERUBIMを押し上げました。

    2012年にNAHBSで最高の栄冠であるBest of showを受賞したHumming Birdは、なんと市販化さており大変話題を呼びました。

    雑誌等でも、表紙を飾るなど、自転車自体の評価はもちろんのこと、代表である、今野真一氏自身も、東京サイクルデザイン専門学校の講師として在籍しており、また、アメリカの美術大学の講演に呼ばれるなど、数々の受領歴とブランド力を引っさげ、活動の場所も拡大しています。

    近年はショーバイクのイメージが強いですが、現在でもNJS規格をクリアした、NJS認定フレームのメーカーであり、その高い技術と製品の良さは折り紙つきです。

    無料査定依頼はこちら

    LINE査定はこちら

    無料査定フォーム

    ロードバイ知恵袋

    無料LINE査定

    メインメニュー

    買取強化メーカー

    PINARELLO(ピナレロ)

    BMC

    DE ROSA(デローザ)

    SPECIALIZED(スペシャライズド)

    TREK(トレック)

    メーカー一覧>>

    買取強化カテゴリ

    インフォメーション

    Twitter