EASTON(イーストン)の買取はValley Worksへ|プロによる査定

EASTON(イーストン)の主な買取商品

    EASTON(イーストン)の最新買取実績

    最新のEASTON(イーストン)の買取実積をご紹介しております。
    これまでお買取りさせて頂きましたEASTON(イーストン)の一部ですので、
    気になるもの、お持ちのEASTON(イーストン)の買取価格につきましては、お気軽にお問合せ下さい。


    もっと見る

    鋼管の貴公子EASTON

    EASTONといえば、我々自転車に関わる者としては、自転車のホイール、パーツメーカーとして認知していますが、創業は1922年にアーチェリーの矢のシャフトの製造から始まり、アルミの矢の独占的シェアを誇っていた時代もあるようです。
    また、野球のアルミ製バットや、テニスラケット、アイスホッケーのスティックなども製造し、総合的なスポーツメーカーとして名を馳せました。
    1989年には、同社社長であるJim Eastonが国際アーチェリー連盟会長に就任しています。

    自転車の部品を製造し始めたのは1986年。
    自転車のフレームの鋼管を製造していました。
    中古車市場では、一昔前のBMC、FELTのアルミフレームや、マウンテンバイクで言えばYETIやTOMACなどは、EASTONパイプが使われているのをたまに目にします。

    その他のパーツでは、SHIMANOのDURA-ACEのシートポストSP-7410はEASTONのOEM生産です。Ringle Mobyのポストも同様で、希少価値が高かったりします。

    ホイールの生産を始めたのは、2005年。それまでパイプの成形技術をメインで行ってきましたが、良いホイールを供給しているメーカーとして密かに定評のあった、VELOMAXを買収し、VELOMAXのそのままの技術で作ったものを、EASTONというロゴを付けて、しばらく販売していた印象があります。
    ハンドル、ステム、シートポスト等の生産を始めたのもその頃でしょうか。
    軽量かつ、強度の高いパイプ成形技術は、自転車パーツにも生かされており、パーツメーカーとしても信頼の厚いメーカーです。

    現在では、ホイールのワイドリム化やハブの一新など、技術開発も積極的で、特にそのハブ(ECHOハブ)の開発には3年の年月を費やしたと言われるだけあり、ベアリングの配置や、ラチェット構造などが一新されており、回転性能、剛性、耐久性共に、かなり評判は良いです。

    無料査定依頼はこちら

    LINE査定はこちら

    無料査定フォーム

    ロードバイ知恵袋

    無料LINE査定

    メインメニュー

    買取強化メーカー

    PINARELLO(ピナレロ)

    BMC

    DE ROSA(デローザ)

    SPECIALIZED(スペシャライズド)

    TREK(トレック)

    メーカー一覧>>

    買取強化カテゴリ

    インフォメーション

    Twitter