SUNTOUR(サンツアー)の買取はValley Worksへ|プロによる査定

SUNTOUR(サンツアー)の主な買取商品

    SUNTOUR(サンツアー)の最新買取実績

    最新のSUNTOUR(サンツアー)の買取実積をご紹介しております。
    これまでお買取りさせて頂きましたSUNTOUR(サンツアー)の一部ですので、
    気になるもの、お持ちのSUNTOUR(サンツアー)の買取価格につきましては、お気軽にお問合せ下さい。


    もっと見る

    SUNTOURの歴史

    SUNTOURブランドは、東京でネジを専業としていた岩井製作所が、スプロケットやフリーホイールを製造していた前田工業と共同で製品化を推め、1950年代末、3段ギアの変速装置から始まりました。 岩井製作所はすぐに倒産してしまったため、サンツアー=前田工業として、認知されているのではないでしょうか。

    最初は1970年頃、アメリカの自転車ブームから部品の供給が間に合わなくなったところで、日本の部品メーカーに門戸が開き、低価格品の代用での供給でしたが、その品質の高さが認められるようになり、ロードレーサーなどのスポーツバイク向けの製品ののシェアも伸ばしていきました。

    競輪界のレジェンド中野浩一は、サンツアーの専属選手で、スプリント競技世界選手権で10連覇を果たしており、サンツアーの部品がその10連覇を支えていました。
    その実績は、サンツアーの名とともに、広く世界に認知されました。

    ロード、トラックモデルである、SUPERBE PRO(シュパーブプロ)は、シマノのDURA-ACEと並ぶトップグレードで、回転部分の精度や耐久性において定評がありました。
    その造形も美しいこともあり、今でも根強いファンがいます。

    今でこそ、シマノの技術力が最も高いと評されますが、当時シマノと技術を競い合ったサンツアーがまだ存在していたらどうだったかはわかりません。
    紆余曲折あり、今では台湾の会社で R SUNTOURという名称が残ってはいますが、コンポーネントは製造しておらず、無くなったことを惜しまれています。

    無くなってしまったものを復活させることも、当時のものを手に入れることも今の世の中では難しいです。
    だからこそ、サンツアーのモデルには価値があり、そして歴史と想いがその製品に刻まれているのです。

    無料査定依頼はこちら

    LINE査定はこちら

    無料査定フォーム

    ロードバイ知恵袋

    無料LINE査定

    メインメニュー

    買取強化メーカー

    PINARELLO(ピナレロ)

    BMC

    DE ROSA(デローザ)

    SPECIALIZED(スペシャライズド)

    TREK(トレック)

    メーカー一覧>>

    買取強化カテゴリ

    インフォメーション

    Twitter