ZIPP(ジップ)の買取はValley Worksへ|プロによる査定

ZIPP(ジップ)の主な買取商品

    ZIPP(ジップ)の最新買取実績

    最新のZIPP(ジップ)の買取実積をご紹介しております。
    これまでお買取りさせて頂きましたZIPP(ジップ)の一部ですので、
    気になるもの、お持ちのZIPP(ジップ)の買取価格につきましては、お気軽にお問合せ下さい。


    もっと見る

    実戦から裏付けられたハイパフォーマンスホイールZIPP

    TTやトライアスロンなど、高層巡航に特化したレースの歴史と共に、カーボンホイールを作り続けてきた、実績あるアメリカンブランドです。

    以前から、トライアスロン、TT等のレースでのシェアは高く、約半数のアイアンマンたちが使用しているとも言われていますが、ロードレースではあまり多くありませんでした。

    中でも、ZIPP303はパリ・ルーベの石畳を制した、世界で初めてのカーボンホイールです。
    路面の凹凸が続く過酷な石畳の多いステージでは、各チームが強度上の問題を抱え、安心感の高い金属製のホイールを選択し、バイクをチューンナップしていましたが、カンチェラーラは、他ブランドのアルミリムでも大破していくのを横目に、ZIPPのカーボンホイール、フロントを303、リアを404で走行し、高い振動吸収性と、空力性能を発揮し、フィニッシュラインまで走り切る事のできる耐久性を、勝利という形で証明しました。

    それにより、信頼と知名度を大幅に拡大したことで、アマチュアライダーからプロまで、使いたいホイールとして知られた存在となっています。

    近年では、軽量化を意識したリムハイトの低いモデルから、平地での高速巡航用のディープリムモデルまで、ロード用ホイールのラインナップが拡充されています。

    ホイールに対するこだわりは、常に高い意識で開発に注がれており、リム表面に施される小さな凹み(ティンプル加工)を施し、空気抵抗を軽減する。
    VCLC(Visco-Elastic Constrained Layer Control)リムの成形時に粘弾素材を挟み込み振動吸収性を向上させる技術。
    また、リム外周にケブラー繊維を配することで、剛性と耐久性を高めています。(Carbon Bridge)
    内側が丸みを帯びており、全体的に幅広リム形状は、firecrestと呼ばれ、横風を含めて空気抵抗を低減する、などの単に軽量化をするだけでなく、実戦においてのシュチュエーションを計算した、テクノロジーの追求を行っているメーカーです。

    無料査定依頼はこちら

    LINE査定はこちら

    無料査定フォーム

    ロードバイ知恵袋

    無料LINE査定

    メインメニュー

    買取強化メーカー

    PINARELLO(ピナレロ)

    BMC

    DE ROSA(デローザ)

    SPECIALIZED(スペシャライズド)

    TREK(トレック)

    メーカー一覧>>

    買取強化カテゴリ

    インフォメーション

    Twitter